小国び塾活動日誌

藤浩志プロデュースによる「小国び塾」参加メンバーが、坂本善三美術館の収蔵品から発想して取り組む「アートなプロジェクト」の記録です。

小国の街角から たねもしかけも

はじめまして。

小国び塾に参加させていただいております「たねもしかけも」と申します。


私は建築を生業としておりまして、ぶらぶらと散歩をしては「まちを採取する」という妙な癖があります。今回はこの病癖の記録を公開することで、まだ見ぬ同じ病の患者さんと出会えたらいいなという狙いがあります。つまり今後ここで公開する写真は「踏み絵」的なものです。こころしてください。

 

では、いきます。

小国町宮原某所でお見かけしましたこちら。

f:id:sakamotozenzo:20170801160536j:plain

「コンクリ枡神宮」

本家大神宮のアプローチに鎮座しますこちらは、通常土木資材として用いられるコンクリート枡を活用し、屋根を掛けたとても丁寧なお仕事がされたお宮さんです。ほぼ正方形の平面で切妻・妻入りであることから「大社造」の流れが見受けられます。

 

今回はこのへんで。